menu menu2

24時間web予約

お電話でのご予約03-6421-8673

初回個別相談
Webご予約フォーム >
SNS時代の自己防衛 SNS時代の自己防衛
SNS時代の自己防衛

SNS時代の自己防衛

ブログ 2019.04.23

今週末から10連休という方は多いでしょう。国内外へ旅行に行かれる方も多いでしょう。今朝のTVで、SNSで「空き巣に狙われる」というケースが増えているという事例を紹介していました。

確かに、私の周りにも海外旅行中の家族の様子をアップする知人は少なくありません。SNSに自分や家族のこと、友人のことなどを紹介するのは自由です。しかし、その不用意な近況報告が事件に巻き込まれる要因になることは警戒しておいた方が良さそうです。

最近は、ネットで検索するだけでその人のプライバシーがかなり把握できてしまいます。誕生日や年齢、家族構成、おおよその住んでいる場所や交友関係などのほか、リアルタイムの投稿で今どこにいるかまで分かってしまいます。

以前、不用意にタグ付けされ、家族に内緒で参加していた飲み会へ参加していたことなどがばれるなどの問題がありましたが、空き巣が「今、あの家は確実に留守だ」と把握できてしまえば、狙われる可能性も高くなります。

家においてあるお金はもちろん、TVでインタビューに答えていた被害者の方は「お金では買うことのできない結婚指輪を盗まれたのがショック」と話していました。

ブログなどで「旅行に行ったこと」や「ブランド品を買ったこと」を公開したりした場合、その旅行先や購入したものの価格などから収入・生活レベルまで把握できてしまう可能性があります。

最近は空き巣も「自宅などに居ながらにしてターゲットを見つけられる時代」になっています。

旅行中の様子をリアルタイムで公開しない。
帰宅予定日などを公開するのは避ける。
自宅の場所を特定できるような投稿は避ける。
高級品を所持しているなどの発信は控える。

など、自己防衛を図る必要がありそうです。

せっかく楽しい旅行に行ったのに、帰ってきたら空き巣被害にあっていたなんてことになったら楽しい想いでも台無し。

大型連休は空き巣にとっても「稼ぎ時」になる可能性があります。皆さんお気を付けて。

< ブログ一覧に戻る

まずは60分3,240円(税込)の初回個別相談から!
家計相談、マイホームの取得・住み替え、相続対策など幅広いご相談にご対応致します!

お電話でのご予約03-6421-8673